: 崔達龍国際特許法律事務所 :
HOME  サイトマップ  お問い合わせ
 
         
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
2001年度
2000年度
1999年度
ニュース 2002年度

特許庁、特許審査期間の大幅短縮を計画

본문

2002.09.03.



特許庁、特許審査期間の大幅短縮を計画



 特許庁は、特許審査期間を短縮するために長期計画を立てたということを明らかにした。 
 現在の特許審査期間は約23ヶ月であるが、審査積滞を勘案してみると2005年度には32ヶ月に延びるおそれもあるとみられる。 
 これに備え特許庁は長期計画で審査官を今年度には89名、2003年と2004年にはそれぞれ80名ずつを増員し、特許審査期間を2003年には20ヶ月、2004年には17ヶ月、2005年には15ヶ月と短縮する計画である。 

 また、審査期間短縮のための政策として、管理局を発明政策局に改編するなど、特許庁組織も改編して知的財産に対する政策機能と新技術に対する審査の専門性を強化するものと思われる。 

閲覧 545回  
ニュース 2002年度
게시물 검색
Copyright© D.R.CHOI International Patent Office. All Rights Reserved.