: 崔達龍国際特許法律事務所 :
HOME  サイトマップ  お問い合わせ
 
         
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
2001年度
2000年度
1999年度
ニュース 2002年度

商標法施行規則改正公布(商品及びサービス分類改正)

본문

2002.01.19.



商標法施行規則改正公布(商品及びサービス分類改正)



商品及びサービス業の国際分類制度であるNICE分類が改正(第8版)されることにより、韓国特許庁は、これを反映して改正した商標法施行規則をさる2001年12月24日付で改正公布(産業資源部令第146号)して今年の1月1日から施行している。 

   今回の改正の主要内容は次の通りである。 
?従前のサービス業は8個類であったが、11類に拡大された。即ち、従前の42類に属していたサービス業が42類(科学的、技術的サービス業、コンピューターハードウェア及びソフトウェアのデザイン及び開発業、法律サービス業等)、43類(飲食物提供業、臨時宿泊業等)、44類(衣類、衛星及び美容業、農業関連サービス業等)、45類(葬儀業、衣服貸与及びファッション情報提供業、保安サービス業)に細分された。 
?分類において部分的な題目変更、商品及びサービス業の新設、削除、変動がなされた。 

?従前には同一商品群に属する商品細目相互間には類似の商品とみなしたが、これからは同一商品群に属する商品細目相互間は類似の商品とみることを原則にするが、特許庁長が定める場合には、これと異にして適用できるようにして取引実情を勘案して商品相互間の類似の範囲を定めることができるようにした。 

閲覧 562回  
ニュース 2002年度
게시물 검색
Copyright© D.R.CHOI International Patent Office. All Rights Reserved.