: 崔達龍国際特許法律事務所 :
HOME  サイトマップ  お問い合わせ
 
         
2022年度
2021年度
2020年度
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
2001年度
2000年度
1999年度
ニュース

最近立法予告された知的財産権関連法令の紹

본문

2002.01.08.



最近立法予告された知的財産権関連法令の紹



特許法などの4法の施行規則改正のため、さる2001年12月13日に立法予告(産業資源部公告第2001-249号)をして、さる2002年1月2日までに意見を収斂し、これを検討した後近いうちに改正公布するものと思われます。これらの立法予告の内容は下記の通りである。

  - 記 - 
1.特許法施行規則改正令(案)の立法予告 
1)改正理由 
  出願・審査及び審判手続きにおける全ての書類を出願人が電子文書で提出可能にし、出願書式に添付される添付書類を大幅に減縮することによって出願サービスの画期的改善を図るなど現行制度の運営上あらわれた一部の不備点を改善・補完しようとするものである。 
2)主要内容 
  (1)書類に電子的イメージで作成された証明書類を含ませることによって出願書式の電子文書提出が可能なようにする。 
  (2)特許庁長・特許審判院長または審判長が電子的イメージで作成された証明書類が一定な要件を備えられずにいる場合に原本を提出するよう命ずることができるようにするによって電子的イメージの証明書類提出時に発生し得る問題点を補完するようにする。
  (3)包括委任の範囲を特許異議申立及び審判分野にまで拡大することによって特許に関する全ての手続きに適用できるようにする。 
  (4)電子文書で提出できる書類及び通知対象書類を大幅に拡大することによって電子出願の基盤を広げるようにする。 
  (5)紙文書で書類を提出する場合にも副本の提出などを省略させることによって出願人の便宜を図る。 
  (6)電子出願が拡大されることによって電子化対象書類及び通知対象書類を拡大する。 

  2.実用新案法施行規則改正令(案)の立法予告 
1)改正理由 
  出願・審査及び審判手続きにおける全ての書類を出願人が電子文書で提出可能にし、出願書式に添付される添付書類を大幅に減縮することによって出願サービスの画期的改善を図るなど現行制度の運営上あらわれた一部の不備点を改善・補完しようとするものである。 
2)主要内容 
  (1)電子文書で提出できる書類及び通知対象書類を大幅に拡大することによって電子出願の基盤を広げるようにする。 
  (2)紙文書で書類を提出する場合にも副本の提出などを省略させることによって出願人の便宜を図る。 

  3.意匠法施行規則改正令(案)の立法予告 
1)改正理由 
  出願・審査及び審判手続きにおける全ての書類を出願人が電子文書で提出可能にし、出願書式に添付される添付書類を大幅に減縮することによって出願サービスの画期的改善を図るなど現行制度の運営上あらわれた一部の不備点を改善・補完しようとするものである。 
2)主要内容 
  (1)電子文書で提出できる書類及び通知対象書類を大幅に拡大することによって電子出願の基盤を広げるようにする。 
  (2)紙文書で書類を提出する場合にも副本の提出などを省略させることによって出願人の便宜を図る。 

  4.商標法施行規則改正令(案)の立法予告 
1)改正理由 
  出願・審査及び審判手続きにおける全ての書類を出願人が電子文書で提出可能にし、出願書式に添付される添付書類を大幅に減縮することによって出願サービスの画期的改善を図るなど現行制度の運営上あらわれた一部の不備点を改善・補完しようとするものである。 
2)主要内容 
  (1)電子文書で提出できる書類及び通知対象書類を大幅に拡大することによって電子出願の基盤を広げるようにする。 

  (2)紙文書で書類を提出する場合にも副本の提出などを省略させることによって出願人の便宜を図る。 

閲覧 1,211回  
ニュース
게시물 검색
プライバシーポリシー | 免責事項
Copyright© D.R.CHOI International Patent Office. All Rights Reserved.