: 崔達龍国際特許法律事務所 :
HOME  サイトマップ  お問い合わせ
 
         
2021年度
2020年度
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
2001年度
2000年度
1999年度
ニュース

韓国特許庁『2021年度商標・デザイン制度の動向説明会』開催

본문

2021.01.26.

韓国特許庁『2021年度商標・デザイン制度の動向説明会』開催

 韓国特許庁は、2021年1月21日にオンラインで『2021年度商標・デザイン制度の動向説明会』を開催した。 この動向説明会の説明をきくと、2021年度に商標とデザイン(意匠)制度において相当な制度変化が予想される。下記では簡単に説明を要約する。


-記-


1. 2021年度商標制度の動向要約 
(1) 商標審査基準の改正(2021年1月1日施行)
・著名な他人の商標に対する承諾事項に係る事項の整備
・機能的要素関連商標の審査基準の整備
・新しい類型の立体商標の保護を明示、識別力判断基準の改善
・色彩商標の定義の明確化、表現方式の拡大、使用による識別力判断等
・外国語商標の審査範囲の拡大

(2) 商標法施行規則の改正(2021年2月1日施行)
・立体・位置商標の見本において図面数量制限の緩和(5枚以内に)
・国際商標登録出願に係る音・匂い商標の補正期間の延長(1ヶ月→3か月)

(3) 商標法一部改正の推進予定(改正法公布後6か月後施行)
・部分拒絶及び再審査請求制度の導入
 (拒絶理由のある一部指定商品のみを拒絶、再審査請求可能)
 (拒絶理由のない指定商品は登録)
・偽造商標の流通防止のための侵害関連法令の改正

2. 2021年度デザイン制度の動向要約
(1) 画像デザインの保護対象の拡大(2021年下半期、法改正及び施行予定)
・空間等に投影され表現される機能的画像デザインの保護
・デザイン保護対象を物品以外の画像デザインまで拡大
 (画像デザインの製作・使用・オンライン伝送も実施行為と認定)

(2) 一組の物品の部分デザイン認定(2021年下半期、法改正及び施行予定)
・一組の物品等に対しても部分デザインとして保護

(3) 秘密デザインの物品の名称及び物品類等も非公開(2021年4月施行予定)

(4) デザイン一部審査対象の拡大(2020年12月1日より施行中)
・衣類・織物地・文具類に食品・身の回り品・包装容器・ジュエリー追加

(5) 字体デザインの図面提出の簡素化(2020年9月1日施行)

(6) デザイン一部審査対象の迅速処理計画(60日水準→10日以内に)
 

参考: 1. オンライン説明会
参考: 2. 説明会資料   

以上

更新日 : 2021-01-26, 閲覧 387回  
ニュース
게시물 검색
Copyright© D.R.CHOI International Patent Office. All Rights Reserved.