: 崔達龍国際特許法律事務所 :
HOME  サイトマップ  お問い合わせ
 
         
2020年度
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
2001年度
2000年度
1999年度
ニュース 2008年度

特許審査の猶予申請可能になる

본문

2008.09.30.

 


特許審査の猶予申請可能になる

- 2008年10月1日より -


 韓国に特許出願した者が出願審査請求をした場合に、審査猶予申請ができるように特許法施行規則が2008年9月30日に改正され、2008年10月1日から施行される。
具体的には、特許法施行規則第40条の3で定める通り、審査猶予申請は出願審査請求日から 6ヶ月以内にできる。
また、審査猶予可能な時点は出願審査請求日から18ヶ月が経過した時点でなければならない。但し、その時点は出願日から5年以内の範囲ではなければならない。
また審査猶予申請日から2ヶ月以内は、これを取下げまたは変更ができる。

しかし、分割及び変更出願の場合、優先審査決定がされた場合、拒絶理由の通知がされた場合等は、その出願は審査猶予申請ができない。

 

参考:特許法施行規則(2008年9月30日公布/知識財産部令第35号) 

更新日 : 2008-09-30, 閲覧 549回  
ニュース 2008年度
게시물 검색
Copyright© D.R.CHOI International Patent Office. All Rights Reserved.