: 崔達龍国際特許法律事務所 :
HOME  サイトマップ  お問い合わせ
 
         
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
2001年度
2000年度
1999年度
ニュース 2008年度

特許庁、特許及び実用新案登録料を引下調整

본문

 2008.01.02.

特許庁、特許及び実用新案登録料を引下調整
-2008年1月1日から-


特許庁は「特許料等の徴収規定」を改正(2007年12月21日、産業資源部令439号)し、2008年1月1日.から特許・実用新案の登録料を下記の通り引き下げた。 
今回の引下げは、特許及び実用新案の設定登録料(1年~3年)及び第9年次以内の年次登録料(4年~9年)を平均11%引き下げた。 
大部分の場合、特許出願後事業化までにかかる平均期間が10年を越えない調査結果を土台に、企業の初期事業化段階での費用負担を最小化するために、特許及び実用新案の設定登録料は大幅(約 17%)に、4~6年次の年次登録料は中幅(約 10%)、7~9年次年次登録料は小幅(約 5%)に引下げる改正案を準備し登録料引下を推進することになった。

 

 

権利区分

 

年次

 

基本料

 

加算料

 

調整率

 

現 行

 

調整後

 

現 行

 

調整後

 

特  許

 

1~3

 

27,000

 

22,000

 

18,000

 

15,000

 

-16.9%

 

特  許

 

4~6

 

60,000

 

51,000

 

25,000

 

23,000

 

-9.6%

 

特  許

 

7~9

 

120,000

 

114,000

 

40,000

 

38,000

 

-5.0%

 

実用新案

 

1~3

 

20,000

 

17,000

 

5,000

 

4,000

 

-17.3%

 

実用新案

 

4~6

 

40,000

 

36,000

 

10,000

 

9,000

 

-10.0%

 

実用新案

 

7~9

 

80,000

 

76,000

 

15,000

 

14,000

 

-5.5%

 

 

参考:特許庁の手数料(印紙代)

  

更新日 : 2008-01-02, 閲覧 578回  
ニュース 2008年度
게시물 검색
Copyright© D.R.CHOI International Patent Office. All Rights Reserved.