: 崔達龍国際特許法律事務所 :
HOME  サイトマップ  お問い合わせ
 
         
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
2001年度
2000年度
1999年度
ニュース 2008年度

特許庁、出願人コード情報と登録名義人表示変更を統合管理

본문

2008.01.02.


特許庁、出願人コード情報と登録名義人表示変更を統合管理
-2008年1月1日から-

特許庁は、2008年1月1日.から出願人コードを登録段階まで拡大施行し、登録権者を出願人コードで統合管理する。 
つまり、住所等出願人の情報変更事項が発生した場合、出願人情報変更申告書の提出により登録名義が同一の権利に対する登録名義人の表示まで一括変更するようにした。
このような改善により、以前は出願とは別途に各々の登録件に対して個別的に訂正申告を行っていた手続きが簡素化し、権利者の便宜を改善した。その要旨は次の通りである。 

○改善事項 
 出願人または登録権利者等が、特許・実用新案・商標・デザインの登録原簿と出願書の住所等を、出願人情報変更申告の一回一括変更

○利用手順 
 特許・実用新案・商標・デザインの登録原簿と出願書の住所等を一括変更しようとする時は、出願人情報変更(更正)、訂正申告書を作成して提出し、 2008年1月1日以前に登録された権利の情報変更は、登録名義人表示統合管理申込書を作成して提出 

○利用書式
 - 出願人コード情報変更(更正)、訂正申告書(第5号書式)

 - 登録名義人表示統合管理申請書(第7号書式) 

更新日 : 2008-01-02, 閲覧 974回  
ニュース 2008年度
게시물 검색
Copyright© D.R.CHOI International Patent Office. All Rights Reserved.