: 崔達龍国際特許法律事務所 :
HOME  サイトマップ  お問い合わせ
 
         
2021年度
2020年度
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
2001年度
2000年度
1999年度
ニュース 2006年度

無効審判および権利範囲確認審判統計分析

본문

2006.07.05.

無効審判および権利範囲確認審判統計分析
-最近の5年間-


韓国特許庁が集計した最近5年間の無効審判および権利範囲確認審判の統計は下記の通りである。

審判請求件数において、特許の場合は無効審判および権利範囲確認審判のどちらも毎年増加の勢いをみせている。一般的に侵害が発生した場合、侵害者は無効審判および権利範囲確認審判を請求しているので、下記の統計から侵害の件数が毎年増加しているものと判断される。

実用新案権は請求件数において昨年若干減少の傾向が見られる。しかし、2003年までは実用新案が特許より審判請求件数が上位であったことからみて、実用新案権が特許よりも紛争が多いと言うことを示してくれている。

請求人の勝訴率(容認)は50%を上回る傾向と見られるし、年度別にみるとだんだん高くなってきている。

 

A.無効審判

1.特許

       20012002200320042005
請 求208251288361445
処 理
認 容628479175221
棄 却737356106120
却 下5107915
取 下4136346082
181203176350438

2.実用新案

       20012002200320042005
請 求330396323301264
処 理
認 容74113104161202
棄 却6910396131140
却 下1217212617
取 下4382745944
198315295377403

※上記統計の請求件数の年度と処理件数の年度は関連なし。

B.権利範囲確認審判

1.特許

       20012002200320042005
請 求152177188254329
処 理
認 容547166125194
棄 却2921222754
却 下1630322544
取 下3532303341
134154150210333

2.実用新案

       20012002200320042005
請 求218242219243211
処 理
認 容628783128144
棄 却3344354162
却 下2033403652
取 下3035544636
145199212251294

※上記統計の請求件数の年度と処理件数の年度は関連なし。  

閲覧 741回  
ニュース 2006年度
게시물 검색
Copyright© D.R.CHOI International Patent Office. All Rights Reserved.