: 崔達龍国際特許法律事務所 :
HOME  サイトマップ  お問い合わせ
 
         
2020年度
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
2001年度
2000年度
1999年度
ニュース

自動車にもブラックボックスが開発

본문

 2006. 04. 18.

 

<技術動向>
自動車にもブラックボックスが開発
 
 
 特許庁報道資料によると、自動車においても航空機のブラックボックスのように事故当時の状況を追跡することができる“車両用ブラックボックス”が出願されているが、まだそれほど多くない。
 車両用ブラックボックスの主要技術としては
 -車両の速度、時間、距離を周期的に記録するデジタル走行記録装置
 -ハンドル角度、ブレーキ強度、エンジン回転数等の情報を貯蔵するドライブレコーダー装置
 -車両衝突時に車両内・外部映像及び音声データを圧縮・貯蔵する車両動映像貯蔵装置
 -GPSシステムを通じて車両移動経路、速度、時間等を検出して貯蔵する車両運行経路追跡装置
 -車両盗難、火災、交通情報、非常応急信号送出等を遂行するテレマテックス技術等を例に挙げることができる。
 車両用ブラックボックスと関連された特許出願は今まで総135件(内国人125件、外国人10件)にすぎず、その他の自動車関連技術に比べ技術開発が活発になされていないものと表れた。その原因として業界ではブラックボックス設置に伴う費用負担、個人の運転情報公開に対する被害意識、設置義務が法制化されていない点などの問題で車両用ブラックボックスの需要が少ないものと判断されている。しかし、外国では車両用ブラックボックスの設置を既に義務化したりまたは推進中で、徐々に関連市場の拡大及び技術開発の必要性が増加しているため、車両用ブラックボックス関連出願も増えるものと予想されるとしている。

(出典:特許庁報道資料) 

閲覧 647回  
ニュース
게시물 검색
Copyright© D.R.CHOI International Patent Office. All Rights Reserved.